英字新聞から Feed

2007年1月21日 (日)

put the boot into

Madrid boss puts boot into Becks.

これ、英字新聞のスポーツ記事のタイトル。

で、Madrid bossとはサッカーのスペイン1部リーグ、レアル・マドリードのカペロ監督。でBecksは元イングランド代表主将のベッカムのこと。

このタイトルは13日、今季限りで退団し、米プロリーグMLSのロサンゼルス・ギャラクシーに移籍することになった元イングランド代表主将のベッカムを今後の試合で起用しないという監督カベロ氏の考えを表現したもの。

ベッカムはRマドリードとの契約は6月まで残っているけど、監督は「チームとともに練習はするが、彼は試合で使わない」と言っているらしい。

で、
Madrid boss puts boot into Becks.は


どういう意味かというと、

British Englishで「(倒れている人に)蹴りを入れる」。

「もうおめえはいらねえんだ」という監督の憤慨した気持を表現しているのでしょう。

かなり辛辣な言葉です。

ベッカムはそれに対しては何のコメントもしていない模様。

まあ「むっ」とはしているかも・・・

他にもbootはこんな意味で使われたりします。

I'll get the boot if I arrive late for work one more time.
もしもう一度仕事に遅刻したらクビになるだろう。

とか

His boss gave the boot to him.
ボスは彼をクビ[お払い箱]にした。

あまり良い意味では使われないようですね。

話は飛びますけど、今はブーツの季節、街を歩けばブーツを履いた女性があっちにもこっちにも・・・

でも、そのせいか水虫で悩む女性も結構いるらしい、とか・・・

水虫はちなみにathlete's foot(スポーツ選手の足)と英語で言います。スポーツ選手のロッカールームは汗臭いし、不潔なので、そこから来た言葉らしいです。