« 2008年8月 | メイン

2009年8月

2009年8月 4日 (火)

大学入試英語(未来完了)

次の英文は東京学芸大の英語長文問題の一部です。下線部を日本語に直す問題なのですが、受験生はwill have continuedを悩むかもですね。

If you’re invited to an event or if someone asks you for help, you will not always be able to or want to accept. If you have no interest in maintaining a good relationship with the person doing the inviting or requesting, then you can be pretty curt in your refusal(although it is still customary to soften it first with a brief expression of regret such as “I’m sorry.”) But if the person you are refusing is someone who you will have continued contact with, it is important to be able to refuse without offending. What would you say in the following situation.


未来完了って何?未来形とは何が違うの?

will have continued contact withを 

単純未来で、will continue contact withで表現できないのでしょうか?

結論から言うと、文法的にはどちらでもOKです。

ただ、未来形 will continue contact with で、書くと

「伝わり方がさびしくなるな~」とジョージ先生。

言われてみて確かにです。

この文章は人に何かを頼まれたり、誘われたりしたとき、どのように断るかという内容なのですが、頼まれた相手との人間関係が問題になってきます。

だから、未来形ではなくて未来完了形が使われているんです。

if the person you are refusing is someone who you will have continued contact with,

もし、あなたが誘いを断らおうとしているその相手と、将来、これまでと変わらず連絡をとりあうのならば、

it is important to be able to refuse without offending

いやな気持ちにしないように断る事ができることが大切です。

和訳はこんな感じになります。

ポイントは「これまでと変わらず」です。

will continue・・・・だと

このニュアンスはありません。

今までどうだったかとか、

これまでのその人との関係には焦点があたらないんですね。

だから、ジョージ先生は

「伝わり方がさびしくなる~」と言われたのです。

未来形は、今、未来に対してどうあるべきか、どうすべきかの意志で

過去は振り返っていません。

でも

未来完了は過去を振り返ってるんです。

今までこうだった、そして、未来のある時点でもそれは変わらない

今から未来の話ではなくて、過去から未来の話なんです。

未来完了は過去を捨ててない未来の話のようです。