« 2007年8月 | メイン | 2008年8月 »

2007年9月

2007年9月 9日 (日)

I like to play the piano. I like playing the piano.

中学校のときに
「私はピアノを弾くのが好きです」を英語では
I like playing the piano.

I like to play the piano.
の2通りで習いますね。

でも、「この違いは何なのか?」って思いませんでしたか。
playingを使った場合とto playを使った場合は
何か違いがあるのでしょうか?

今日はこの辺のところを考えてみたいと思います。


文法的に言えばplaying は動名詞
to playは不定詞の名詞的用法です。

これは中学校2年生くらいで習いますよね。
そして
大体このあたりから英語がだんだん嫌になってきたりして・・・
「ん、動名詞?」「ん、不定詞?」「一体何?」みたいになって・・・

しかも、このplayingは

He is playing the piano.の
playingとは違っていてるんですね。

He is playing・・・は現在分詞と呼ばれていますから

また同じtoでも、
I go to school.のtoは前置詞で
to playのtoは不定詞と教わるから

「何だー」って感じになって
英語嫌いになったりしても無理はありませんね

実際、僕は文法大嫌いでした。

しかし、最近言語学者のO氏が

ingはingだ!!
toはtoだ!!と
言い切ったから、大拍手!!です。

文法的には動名詞、現在分詞の二種類のingがあるけれど

ネイティヴは「これが動名詞」で
「これが現在分詞」と区別して
使っているわけではないようです。

イギリスにいる頃、恩師のアンドリュー先生も
toはtoだ!とジェスチャーつきで言ってました。
(ここでtoのジェスチャーが見せれないのが残念ですが)

で、最初の「私はピアノを弾くのが好きです」

I like to play the piano.
I like playing the piano.

この違いをOさんは確か、

実際にいつもピアノを弾いている感じがするのが

I like playing the pianoの方で

to play the pianoは
毎日ピアノを弾いている感じではなく
ただピアノを弾くのが好きだと
淡々と言っている感じがする
と言われてしていました

そして
ingには生き生きとした「躍動感」があると
言われていたように思います。

ingは感情とかかわりがあるんですね。
その状況が生き生きと思い描ける感じです。

躍動感だったり、臨場感だったり。

だから、現在進行形や現在完了進行形を使うときは
はまさにそんな感じがしますね。

Water is boiling.と言えば
お湯が沸いたので、とめなきゃって感じがします。

I have studied English for 3years.と
I have been studying English for 3years.では

聞いている方のリアクションが違ってきます。

日本語に訳せばどちらも
[私は英語を3年間勉強しています」
で、違いはありません。

でも、この二つの文には明らかに気持ちの上で違いがあります。

聞き手の気持ちが動くのは下のingのほうです。

So, you can speak English very well.
(だから、英語を話すのが上手なんですね)というような
リアクションが返ってくるのは下の方なんです。

I have been studying English for 3 years
はingを使うことで
話し手、聞き手の両方に感情の波を起こします。

以前大学の入試試験にもその辺のところが狙われて
(       ). I'm tired of it.
(       )には入るのは
�It has rained for two days.
�It has been raining for two days
のどちらかを選ばせるような問題がありました。

答えは�なります。なぜかというと
I'm tired of it(うんざりだなあ)
という気持ちをあらわす文が後に来ているからなんです。

ingを使うことで
話しても、聞き手もそこには何か
ザワザワ、ウキウキというような感情の波が起こるようです。

それは現在分詞であっても、動名詞であってもです。

以前授業で使用したテキストにその例にふさわしい英文がありましたので、ここで紹介します。
その英文は「働く女性」の話で、
その職場では女性が毎朝男性社員にコーヒーを出すことが当然とされていて、そのことへの不満が述べられていました。
そして、その後に次のような英文が載っていました。

Making photocopies and sending fax letters for them are part of her job.

日本語に直せば

「男性社員のためにコピーをしたり、ファックスをおくったりすることが彼女がしなければならない仕事の一つです」
となります。

この英文の
making photocopies をTo make photocopies、
sending fax lettersをto send fax lettersと
不定詞で書くこともできるのですが、
ingの動名詞で書いてるのは、それなりの理由があるからです。

コピーをしたり、ファックスをおくったりすることが
毎日あってそういう仕事に嫌だなーという
感情が入っているから、ingなんです。

To make photocopies、to send faxだと、
ただそういう仕事という感じで、
ただ一般的な話をしているだけで、
感情のザワザワした波は伝わってきません。

ingは現在分詞にしても動名詞にしても、
ingで表現すれば何かしら感情の波が起こります。

マックのキャッチコピーに

I'm loving it.ってありますけど

I love it.とは明らかに違います。

マックがただ好きというのではなく
ingで表現することで

「マックを今楽しんでいる!」
とか「マックがめちゃ好き!」と
かなり気持ちが入ります。

ハリーポッターでオリバンダー老人がハリーに会ったとき

ハリーはぎこちなく「こんにちわ」といったのに対して
ずっと会えるのを楽しみに待っていた老人は

"Yes,yes. I thought I'd be seeing you soon. Harry Potter."と言うんですね

I'd see youでなくて、I'd be seeing you.と言うんです。
「そうじゃとも、そうじゃとも。まもなくお目にかかれると
思っていましたよ」 

be seeingとingで表現することで
会えるのをとても楽しみにしていたと
いう気持ちを表しています。

このようにingは感情の波を表現します。

自分の子供が毎日野球をしていて

「あいつは野球をするのが好きなんだよな」と言う場合には

He likes to play baseball.ではなくて

He likes playing baseball.です。 

ingは
ただ「〜してる」[〜すること」という意味だけでなく

そこには「ある気持ち」「ある感情」が隠されているようです。




2007年9月 7日 (金)

スポーツマン

コメントで和製英語について意見をいただきましたので、
よくある和製英語というか、発想の違いから来る間違った英語の使い方について書いてみようかと思います。

まずは
「彼はスポーツマンです」
He is a sportsman.はNGです。

He is good at sports.とか
He is all-round athtlete.

sportsmanは通常、釣りとか乗馬などの野外活動を好む人のことを言います。

2007年9月 6日 (木)

I'm expecting Mr.Abe.????

今日は久しぶりにお昼休みに
Georgeとたくさん雑談する時間があって、
「なるほどー!」と思うことがありましたので
皆さんにシェアーしますね。

George: 日本人が使う表現でときどき「えっ」と思うことがあるんですが、
そのひとつが、I'm expecting Mr.Abe.
と言うようにexpectの使い方です。
日本語で言えば、
「安倍総理に期待している」で、
ぜんぜんおかしくないんですけど、
それをそのまま英語で
I'm expecting Mr.Abe.というと、
ものすごく変な感じがします。
そのままの表現だとなんか落ち着かないんですね。

僕:確かにexpectだとto不定詞が必要ですよね。
I'm expecting Mr.Abe to reform・・・・
安倍総理が・・・を改革することを期待している。
というような感じで

George:そうなんですね。
to reform…というように、to不定詞が必要ですね。
あるいはI'm expecting much of Mr.Abe.ならばOKです。

僕:僕らも学校では確かにexpect 人 to doと言うように人の後には
to 不定詞を置くように習いましたけど…。
でもどうして、
I'm expecting Mr.Abeのままだと変な感じがするんですか?文法的な規則と言うよりは
何かイメージ的に、あるいは感覚的にしっくりこないんですか?

George:I'm expecting Mr.Abe.が変に感じるのは、
expectという単語から来るイメージですね。
expectは ex-(外を)とラテン語のspectare(よく見る) から出来ていて、
つまり、「何かを求めて外を見る」という意味なんですね。だから、安倍総理から何を期待するのか、
その何の部分が抜けていると、しっくりこないんですね。
だから、I'm expecting Mr.Abeと言った後に 「見える」何かが必要なんですね。
それをto reform・・・・というようなo不定詞で表します。

僕:なるほど・・・・・
じゃあ・・、adviseなんかも、
adviseそのものに後にto不定詞を導くような・・・、
そういうイメージがあるんですか?

George:そうです! adviseのadは「付け加える」、
viseはvisionです。
つまりvisionを付け加えるということなんですね。
だから日本語では「彼にアドバイスする」と言っても
そう変な感じはしないかもしれませんが、
英語だとただ単にI advise him.だけだと
しっくりこないですね。
アドバイスをする人は当然vision(考え)があるわけで、
それを付け加えないといけないですね。
だから 
I advise him to join the TOEIC class.(TOEICクラスに入るように彼に助言した)と言うように。

僕:
動詞によってはto不定詞をとるのには、それなりの理由があるんですね。