« 残暑お見舞い申し上げます | メイン | I'm expecting Mr.Abe.???? »

2007年8月20日 (月)

お返事お待ち申し上げます

ビジネスレターでは最後に「お返事お待ち申し上げます」とよく書きますが

それは
I look forward to having your reply.
とI hope to have your reply.
の二通りで表現できます。

しかし、この二つの文には微妙な違いがあって、
使い方が若干異なりますので注意が必要です。

初めての相手とか、頼みごとをした場合には
I hope to have your replyの方が適切なんですね。

何故かというと、

例えば
来週の金曜日にあなたにお会いできるのを楽しみにしていると言った場合、同じように

I look forward to seeing you next Friday.
とI hope to see you next Friday.
の2通りで表現できますが,

「当然会える」という暗黙の前提があるのがlook forward to seeing の方で、

hope to seeは会えるかどうかわわからないが、「会いたい」という希望を表しています。

先ほどの「お返事をお待ちしております。」という表現も、何かお願いした場合に、

I look forward to having your reply. だと
当然返事がもらえるのを期待している感じがするので、ちょっとあつかましくなってしまいますね。

それで、「できたら返事をもらえたら」という感じで
I hope to have your reply.を使う方が適切だと考えられているんです。

そして、さらに一歩進んで
look forward to の方は何故seeingで
hope toのほうは何故seeなのかということについて考えてみると
より一層この英文の違いがわかって面白いですよ。

もちろんlook forward toのtoは前置詞で前置詞の後は動名詞だからseeingで、一方hopeの場合のtoは不定詞だからseeであるというのは一般的な文法の説明で、その通りなのですが、

そもそもto see とseeing の根本的な違いは何なのかについて考えてみると、この二つの英文の違いがさらによくわかって、理解が深まると思います。

いつかその辺のこと、不定詞と動名詞について考えてみたいと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395840/18176176

お返事お待ち申し上げますを参照しているブログ:

» 英会話!亀田大毅のボクシングから・・・。 (英会話!これであなたもアメリカ人!アクション英会話!!)
英会話!亀田大毅のボクシングから・・・。
英会話の真骨頂!!
Victor先生!いつもありがとう御座います!!
亀田さんのボクシングからいろいろなチョー使える英会話表現満載です。亀田さんもしっかりと謝罪会見もしたことだし、これからさらに上を目指していってもらえればと思いますね。

1. to hit below the belt
2. to pull a punch / to not pull a punch
3. to take the gloves off.
4. to be in sb's corner
5. Saved by the bell !!
6. to throw in the towel

[続きを読む]

» 英会話!中日アジアNO1で野球英会話!! (英会話!これであなたもアメリカ人!アクション英会話!!)
英会話!中日アジアNO1で野球英会話!!
中日ドラゴンズアジアNO1!おめでとう!!
韓国代表との試合は非常に見ごたえがありましたね。
野球英会話の基礎編をアクションTeacherのビクターさんがレッスンしてくれています。
おまけで日本シリーズの時の中日ビルの様子もありますよ。

"Play" is used for FUN things.
We play baseball.
Doragons won the Japan series.
They beat the other team.
The Dragons beat the Nipon Ham Fighters.

[続きを読む]

コメント

  新聞や雑誌に載っている英語を使って  頭を捻られたsign02 日本の英語は  どうしょうも無いのでしょうかsign01sign02  教えてください coldsweats02 bearing

お返事遅くなりました。日本の英語・・・・どうコメントしていいのかとても難しいですね。実際、日本では、英語が毎日必要な人はほとんどいないでしょうね。教えたり、仕事で使ったり、通訳したりしている人以外は英語が日々必要な人はほとんどいないのではないかと思います。だから、ネイティヴ的な感じで英語を学んだり、そういう感覚をみにつけることは、身近にそういう環境がないので、なかなか難しいですよね・・・・「日本の英語」で,まあ何とかなったりしていますからやむを得ないのかも知れません。それから「受験英語は使えない」と時々批判されたりしますけど、個人的には受験英語はとても大切だと思います。受験で英語の勉強をすれば、少なくともある程度の文章を読む基礎はできますから。英会話では使えないかもしれないけどきっちり文法を勉強したり単語を覚えることは大事なことではないかなと思います。なんか、答えになっていない感じですが・・・もう少し考えて、いつかその辺のことをまとめた書いてみたいと思います。コメントありがとうございました。

コメントを投稿