« 2007年3月 | メイン | 2007年8月 »

2007年6月

2007年6月28日 (木)

make love with her? or make love to her?

There is a problem with this machine.の文の中で
何故withで、inではないのかという質問をよく受けます。

前置詞の問題はむずかしいですね。

ポイントはproblemです。まさにそれが問題なんですが・・。

defect(欠陥)の場合だと

There is a defect in this machine.と言えます。

in が使えるんですね。

ところが

problemだとwithです。

なぜかと言うとproblem(問題)というのは

人のかかわりによって出てくるんです。

つまり、ある人から見ればそれが問題になったり
別の人から見ればそれが問題と見えなかったり
問題があるかないかは人の見方によるんですね

一方defectは誰が見てもあきらかな問題であって
疑問の余地がないんですね。
人の見方によっては問題があるとかないとか
曖昧さがありません。
人の気持ちがどうのこうのということではないんです。

ところが

problemは人の意識が関わって
problemとなったり、ならなかったりします。

似たような表現に
他人のあら捜しをするという熟語に
find fault withというのがあります。

他人の中に欠点faultを見出すか否かは
その他人を見ている人の意識によって
変わってきます

ある人にとってはその人のこういうところが
欠点だと思う人もいれば、それを欠点だと
見ない人もいます。

だから

find fault inとは言わずに
find fault withとなります

withは人と人、人と物との関わりが強い前置詞なんです。


このwithをめぐっては興味深い話があります。

Mr.Georgeから聴いた話なんですけど…

エッチをするは英語でmake loveといいますね。
で、
彼女とエッチをするという表現はmake love with herとなります。しかし80年代以前はmake love to herと言っていたそうです。
なぜtoがwithに取って代わったかと言えば

80年代にアメリカでウーマンリブの嵐が起こった野がその理由らしいのです。つまり女性解放運動です。

to herだと一方的過ぎて、女性が無視されているということで、不適切な表現だということになって
with herを使うようになったらしいですよ。

確かにエッチは一方的にするもんではないですから
with her,with himなんでしょう。

ホント、前置詞は日本人からすれば、扱いにくい英語の分野ですね。






2007年6月 8日 (金)

忙しくないなら?.

しばらくぶりの更新です。ちょっとばたばた忙しくて,
なかなかパソコンに気持ちが向きませんでした。

たいしたことやっているわけではないのですが、なんとなく気持ちがざわざわして、「忙しくなかったらね・・・」と言い訳がましくなります・・・

で、今回はこの「忙しくないなら・・・」という表現について考えてみたいと思います。

「もし忙しくないなら」は英語では2通りでかけます。

ただこのニュアンスの違いが今一つ、という人もおられるのではないでしょうか。

で、
「もし貴方が忙しくないなら・・・」を英語で書くとこうなります。

If you are not busy、・・・・

もう一つは
If you were not busy、・・・・
です。

ただし、wereを使っても過去の話ではありません。

「もしあの時忙しかったら」と過去のことと考える人もいますから、注意してくださいね。
過去のことではありません!

で、この二つの文のニュアンスの違いは何かと言えば
それは「可能性」です。

If you are not busyは、相手が忙しくない可能性は「大」です


ところが、
If you were not busyというのは

相手が忙しくない可能性は、ほとんどないか、
「実際には忙しい」というのがその前提にあります。

だから
「忙しくないなら、手伝ってよ」は
If you are not busy, please help me.
とは言えても

If you were not busy, please help me.とは言えないでしょうね。

一方、忙しい相手に対して、
「忙しくないなら、頼むのに・・・」は
If you were not busy, I could ask you・・・
となります。



そして、実際には相手が忙しいものだから
そのことをちょっと嘆いてみると

もし貴方が忙しくないならなあ・・・


この場合は
「貴方が忙しい」というのがその前提にありますから
you are not busyは使えません。you were not busyです

If you were not busyの
IfがI wishにかわって

I wish you were not busy.
となります。

I wish you are not busyはNGです。

このように過去形(were)は必ずしも過去のことを言う場合に
使うとは限らないんです。

現在の可能性が薄い場合、その可能性が遠い場合を仮定するようなときには
現在形の代わりに過去形を使います。

肯定文の場合も同じ考え方です。

If you were・・・と言った場合
「あなは・・・ではない」がその前提にあります。

そのIf you wereという詩がありますので
ここで紹介しますね。
ちょっと考えさせられる内容ですが・・・。

If You Were

If you were busy being kind
Before you knew it, you would find
You'd soon forget to think'twas true
That someone was unkind to you

If you were busy being glad
And cheering people who are sad
Although your heart might ache abit,
You'd soon forget to notice it.

If you were busy being good,
And doing just the best you could,
You'd not have time to blame some man
Who's doing just the best he can.

If you were busy being right,
You'd find yourself too busy quite
To criticize your neighbor long
Because he's busy being wrong.