« 2007年1月 | メイン | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月22日 (木)

貿易英語

もうすぐ貿易実務検定試験ですね。

この試験、福岡ではあまりまだ知られていないようですが
東京・大阪では結構浸透しつつあるようです。

貿易会社に転職したい人にとっては必須です!

以前は、貿易といえば実務経験が必要でしたが、
最近は貿易実務検定試験B級C級取得者もOKの
会社も増えつつありますから。


輸出入取引、外国為替、関税、マーケティング、国際条約
ビジネス英語(貿易英語)などなど多岐に渡っています。

この資格、とるなら今のうちかも…
試験が年々難しくなっていますから。

貿易とか興味がない人も、ちょっと勉強してみませんか?
マーケティングなんか面白いですよ!
ビジネス英語はTOIECより実践的な気がします。

詳しくはこちらからどうぞ⇒ココ





小学校英語教材

小学校の子供に英語教えるならこの教材

Brown Bear
Brown Bear
What Do You See?


エリックカールの絵本が教材になってまーす!
おすすめです。

その他の教材は松香フォニックス研究所で見れますよ。

お知らせ

小・中学校で英語を教えたい方へのお知らせ!!

MPI松香フォニックス研究所のワークショップが
下記の日程であります!

日時2月25日(日)

ブックフェアー 12:00−13:00
ワークショップ 13:00−14:00

参加費は無料

それから
小学生・中学生に英語を教えるための初級プログラム
の日程は
ココをご覧くださーい!⇒ココ

2007年2月 4日 (日)

海外旅行(マウイ)

ボクはいろんな国に行ったけど
長期滞在でのんびりするにはハワイのマウイ島が一番だと
個人的には思っています。

コンドミニアムを借りれば、かなりリーズナブル。

マウイで滞在するには南がいいですね。
西のカーナパリ辺りも悪くはないけど
観光客多いし、日本人も多いので、
キヘイかワイレアあたりがオススメです。
キヘイはリーズナブル、
ワイレアはちょっとリッチ。

キヘイにはたくさんのコンドミニアムがあるけど
中心地から少し離れたところにある
『メネフネショアーズ』がオススメ。
人が少ないので、プールは貸しきり状態です。
ホント、のーんびり出来ますよ。

ワイレアだと、宿泊費は高くなりますが
『パームスアットワイレア』が良いですよ。
ここものんびりできます。

メネフネショアーズ⇒ここみて

パームスアットワイレア⇒ここみて

そしてキヘイに滞在したら
是非、ブレックファーストに

『キヘイカフェ』に行ってくださいね。

FancyではないですけどGreatです。

ここのパンケーキ、おいしいですよー♪

店内のカウンターで注文。
黒板にメニューが書いてあるので
その中からパンケーキを注文。
パンケーキには卵料理がついているので
注文したら

“Eggs how?”と聞かれます。

卵はどんな風に料理しますか?と言う意味ですから
目玉焼きだと、

Sunny-side up, please.
と言えばオッケー。
間違ってもそのまま訳さないように!

マウイのお役立ち情報はここ
りかちゃんマウイ

2007年2月 2日 (金)

受験英語

今は、中学3年生・高校3年生・浪人生にとっては大変な時期ですね。
僕も思い出すだけでいやになってしまいます。

入試・・・

高校入試・大学入試とも英語が主要科目の一つで、
特に文系だと英語ができないとちょっと大変だとか言われます。

しかし、大体この時期になると「もう英語は伸びないから
社会や他の暗記科目をやりなさい」などと
学校で言われたりします。

だから、英語の勉強はまったくやらないで
他の科目をやったり、特に入試の前日なんか
「もういまさら英語したってなー」ということで
やらなかったりしますけど、

しかし、これが意外や意外、前日、できたら前々日に
英語をやるのとやらないのとでは大違い。

前日には絶対英語をやるべきなんです。
しかも単語とか熟語とかをちまちま覚えたりするのではなく、
英語の長文を読むんです。

こういうことを話すと「いまさら英語の長文はないでしょう」という人がいますけど、

英語の長文を読むということは
長文読解の練習をするというよりは
脳を英語モードにするということなんですね。

僕たちでも久しぶりに英語読むとかなり疲れるし、
早く読めない。
それはすぐに脳が英語モードに切り替わらないからなんです。

このブログを受験生が読んでいるとは思わないけど、
もし、読んでたら前日には、あるいは当日、試験直前
のトイレの中では英語を読んでくださいね。

脳が英語のスタンバイ状態になっているだけで
きっと点数が上がりますよ!

このことをTOIECを教えている生徒に話したら、
「点数上がりました!」って何人も言ってくれました。

だまされたと思ってやってみてください。

春まであともう少しです。
皆さんがんばってください!

英語なぜなぜ?(ポカリスエット)

ボクは学生のころはバレーボールをやっていたので、練習の後にはポカリスエットには大変お世話になりました。

汗をかいたらポカリスエットって感じで、いつもごくごく飲んでいました。

ポカリスエットを英語で書けば
POCARI SWEATですよね。

缶にもそう書いてあります。

SWEATは汗・・・でも、POCARIって何?って
思ったことありませんか?

で、気になって調べてみたことがあったんですけど、
英語の辞書には載っていません。

ん?じゃあ・・・スペイン語?

・・・でもないようです。

いろいろ調べてみたけど

結局外国語ではないことが判明。

なんと日本語だったんです。

えっ?って感じですよね。

でも、日本語なんです。

漫画の中で、誰かが誰かの頭をたたいたときに、そのコマの吹き出しに

「ポカッ!」とか「ポカリ」

って書いてあるの見たことがありませんか?



ポカリスエットを作ったときに、名前は覚えやすいほうがいいだろうと、確か
その社長さんが漫画に「ポカリ」とあるから、それにしようと言ったとか。
そしたら社員の人が「それはあんまりでしょう」ということになって、その後に
スエットとつけたんだとか。

ユーモアがあるというか何というか・・・

まあでも今はポカリスエットと言えば、スポーツドリンクの王様。
僕も今でもお世話になっています!

それにしても商品のネーミングって意外なところから
つくんですね。

日本中を一斉風靡したあの使い捨てカメラの
「写るんです」も、製品ができたとき
「これ写るのか?」と聞かれて
「写るんです」と社員が答えたので
それで「写るんです」になったらしいですよ。

商品のネーミングって軽い感じでつけられたほうが
重さがなくてよく売れるようになるのかも・・・

POCARI SWEAT・・・・ほかにもありそうだな・・

ん?カルピス?これは英語なのかな?

2007年2月 1日 (木)

貿易英語(代替物?)

今日は貿易英語のお話。

代わりの商品を英語ではsubustitute あるいはreplacementと言いますが、「その違いが良く分からない」と生徒からこの前質問されたので、ここで貿易実務をやっている人のために簡単に説明します。

『貿易実務で相手先に商品の値引きをお願いした場合』

普通はすんなり「はい、分かりました」とは言いませんね。

大概、「もう少し注文の量を増やしてくれたら割り引きますよ、」言われるか、「それとは同じものではないですけど、少し形が違うものだったら割り引きますよ」と言われることがあります。この場合の同じものではないけど、それに代わる商品と言う場合がsubustituteです。

一方、replacementは、注文した商品が壊れていた場合、取り替えてほしいという場合の、それに代わる商品のことをreplacementと言います。

例を挙げれば、

The product you ordered is now out of stock, but we can offer a substitute which approximates you order.
ご注文の商品は現在品切れですが、貴注文品に近い代替品なら供給可能です。

Please examine this matter and dispatch the replacement for the broken three products by airfreight.
この件を調査して、壊れた3つの商品の代替品を航空貨物で送ってください。

こんな感じなります。

ちなみに2番目の分のthis matterは「この件」と言う意味で「この物質」ではありませんよ。

よく言いまよね。「この件についてよろしくお願いします」って。これはこう言います。

Your attention to this matter would be appreciated.